不動産屋は・・・

8月の24日に退去が決まったため、7月の中旬から新居を探し始める。
個人事業主とかクソ真面目に提出してたため、なかなか決まらず、
また新宿の某仲介業者が役に立たないことも重なって8月に入ってしまう。

8月の頭に一件決まる。
しかし、ここが1週間後に「水漏れ」により住めない状態に。
他を探してくれたが、若干汚い。条件悪い。でも期日は迫っているため、飲む。

5日後くらいに、決まったところが自殺があったらしいと仲介業者が調査してくれた。
不動産屋は隠してたらしい。
あたしは曰く付きだろうが何でもいいので許諾したら「家賃変わらず」とのこと。
シャクなので変更。この頃から仲介業者をもう一件あたる。

新宿の仲介業者が最後に見つけたのは 高井戸の辺鄙なところにあるクソ物件。
駅から15分、築40年アパート、1R6万。
新しい仲介業者は、下北沢。そこが見つけてくれたのは下北沢駅から16分、1R6万。
駅のブランド差で、下北沢に決め、最初の仲介業者を切り捨てる。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

*